ロッテ・成田翔が初登板 「緊張したけど向かっていった」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
10回、7番手で登板したロッテ・成田=メットライフドーム

 ロッテの成田翔(秋田商高出)が1点リードの延長十回、プロ2年目で初登板を果たした。先頭打者の秋山はフルカウントからの直球で左飛に打ち取ったが、続く源田に四球を与えると森に右前打を浴びて降板。後を受けた田中靖が併殺で試合を締めてくれたおかげで、1/3回を無失点で終えた。

(全文 248 文字 / 残り 113 文字)