1年生左腕・佐藤、飛躍の秋 鳳鳴から慶大へ 六大学野球

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
東京六大学野球秋季リーグでの飛躍が期待される佐藤=横浜市の慶大下田グラウンド

 東京六大学野球秋季リーグが9日、神宮球場で開幕する。昨年、大館鳳鳴高校で秋田県内屈指の左腕として注目され、慶応大に進んだ佐藤宏樹(18)は春季リーグで1年生ながら登板機会を与えられており、チームの期待が大きい。夏は変化球のコントロールなど課題の克服に取り組み、秋の飛躍が期待される。慶大の初戦は16日の東大戦。佐藤は「自分の役割を全うして優勝したい」と闘志を燃やしている。

 直球に縦横のスライダー、チェンジアップを織り交ぜて打ち取る。最大の武器は最速145キロの直球だ。ボールの回転数の多さはチーム一で、浮き上がるように伸びて空振りを奪う。

 高校時代から140キロを超える速球で一目置かれた。しかし、3年夏の甲子園予選では大曲高相手に初戦敗退。佐藤は二回からマウンドに上がり、被安打3、失点1に抑えたが、打線が無得点に終わった。「気が付いたら終わっていた」と言うように不完全燃焼の夏だった。

 悔しさを大学野球にぶつけようと、アドミッション・オフィス(AO)入試で慶大に入学。名だたる高校を出た選手たちとの競争に飛び込み、リーグ戦でのベンチ入りと登板を最初の目標に設定した。球威のある左の中継ぎとして、春季リーグでは5試合に登板。4回2/3を投げ、7安打2四死球5奪三振で自責点1(防御率1・93)だった。

(全文 1267 文字 / 残り 714 文字)

同じキーワードのイベント情報