県北は能代松陽が連覇 秋季高校野球、県南決勝は順延

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【大館鳳鳴―能代松陽】4回裏2死一、二塁、能代松陽は佐々木の中越え三塁打で二走の岩澤(左)と一走の菊地が生還=田代球場

 2017年度秋季高校野球は10日、秋田県大館市の田代球場で県北地区の決勝を行い、能代松陽が大館鳳鳴を下して2年連続4度目の優勝を飾った。また代表決定戦の残り1試合を行い、大館桂桜が全県大会出場を決めた。県南地区では横手市のグリーンスタジアムよこてで代表決定戦1試合を実施し、湯沢が全県大会出場権を獲得した。決勝と代表決定戦残り2試合は雨で順延となった。

(全文 434 文字 / 残り 257 文字)