性暴力被害者支援へ、県が協定締結 「センター」開設控え

お気に入りに登録

 秋田県は12日、性暴力に遭った被害者を支援する「あきた性暴力被害者サポートセンター」の開設に当たり、県警と秋田被害者支援センター、県産婦人科医会の3者と「性暴力被害者への支援における連携・協力に関する協定」を締結した。被害者への支援を円滑に進める狙い。

 県庁で行われた締結式では、各団体の代表者が協定書に署名。佐竹敬久知事は「性暴力は被害者が相談しにくく、潜在化する傾向がある。悩みを抱え込まずに利用してほしい」と述べた。

(全文 502 文字 / 残り 290 文字)