白神山地核心地域でニホンジカ初撮影、センサーカメラに1頭

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
世界自然遺産・白神山地の核心地域で初めて撮影された雄のニホンジカ=8月6日、青森県鰺ケ沢町(東北森林管理局提供)

 国と秋田、青森両県で組織する白神山地世界遺産地域連絡会議は13日、世界自然遺産・白神山地の青森県側にある核心地域内で初めて、雄のニホンジカ1頭がカメラで撮影されたと発表した。現時点で核心地域内にある原生的なブナ林などへの影響は確認されていないが、地元からは貴重な生態系が壊れる恐れが強まったとして早急な対策を求める声も上がっている。

 本県と青森県にまたがる白神山地の遺産地域は、人がほとんど手を加えていない核心地域と、外部からの人為的影響を防ぐ役割を果たす緩衝地域に区分される。

 東北地方環境事務所によると、8月6日午後6時50分ごろ、核心地域内の北部にある青森県鰺ケ沢町大字一ツ森町字中赤石の国有林に東北森林管理局が設置したセンサーカメラが、首を大きく曲げて後方を振り返る雄のニホンジカを撮影した。12日には緩衝地域から約150メートル外側の深浦町大字追良瀬の国有林でも雄1頭がカメラに写った。

(全文 1037 文字 / 残り 638 文字)

同じキーワードのイベント情報