県立美術館、初の看板お目見え 県民からの声受け

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県立美術館(秋田市中通)の広小路に面した外壁に、開催中の特別展「レオナール・フジタとモデルたち」をPRする看板がお目見えした=写真。

 同美術館は建築家・安藤忠雄氏の芸術作品としての側面も持ち、これまではPR看板などを設置していなかった。だが、県民から「催し物内容が外から分かりにくい」との声が多数あり、初めて設置した。

(全文 304 文字 / 残り 142 文字)