岩城亀田巡り、地元児童がガイド 歴史学び本番へ準備

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
佐々木会長(左)の解説に耳を傾け、熱心にメモを取る児童

 秋田県由利本荘市岩城亀田地域の街並みを、地元の岩城小学校児童の案内で巡る「子どもフットパスin亀田」が、23日と10月22日に開かれる。本番に向け、ガイドを務める5、6年生6人が、戦国武将・真田信繁(幸村)の五女・お田(でん)の方が嫁いだ地として知られる岩城亀田の歴史を学んでいる。

 子どもフットパスは、子どもたちが地域の歴史や文化を学んで観光客に伝えることで、郷土への愛着を高めてもらおうと、昨年初めて行われたのに続き2回目。

(全文 618 文字 / 残り 403 文字)