バド米元、田中組2回戦へ 永原、松本組も勝利

お気に入りに登録

 バドミントンの韓国オープンは13日、ソウルで各種目の1回戦が行われ、8月の世界選手権女子シングルスで優勝した奥原希望(日本ユニシス)は米国選手を2―0で下して2回戦に進んだ。

 北都銀行勢は女子ダブルスの米元小春、田中志穂組と永原和可那、松本麻佑組がストレート勝ち。女子シングルスの川上紗恵奈は0―2で敗退した。混合ダブルスの金子祐樹(日本ユニシス)、米元組は2―0で勝った。

(全文 284 文字 / 残り 95 文字)