女子高生はねられ軽傷、ひき逃げか 鹿角市十和田の国道横断中

お気に入りに登録

 14日午前7時25分ごろ、秋田県鹿角市十和田毛馬内字下寄熊の国道282号で、横断歩道を歩いて渡っていた大館市の女子高校生が黒っぽい車にはねられ、頭や腰などに軽傷を負った。車がそのまま走り去ったことから、鹿角署はひき逃げの疑いで捜査している。

 同署によると、高校生が横断歩道を歩行中、右側の花輪方向から直進して来た車にはねられた。高校生はボンネットに乗り上げた後、道路に落ちた。運転していたのは男で、車から降りて「大丈夫か」と声を掛けたが、救護や通報をせずに走り去ったという。

(全文 266 文字 / 残り 28 文字)

同じキーワードのイベント情報