臍帯血販売業者ら再逮捕へ 詐欺容疑、虚偽説明し入手

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
逮捕され、移送される臍帯血販売会社「ビー・ビー」社長の篠崎庸雄容疑者(右)=8月27日、松山空港

 他人の臍帯血を国に無届けで移植したとされる事件で、愛媛など4府県警の合同捜査本部は、実際は販売目的なのに研究用に使用するなどと臍帯血の所有者に虚偽の説明をし、権利を放棄させてだまし取ったとして、詐欺の疑いで臍帯血販売会社「ビー・ビー」(茨城県つくば市)社長篠崎庸雄容疑者(52)らを15日にも再逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材で14日分かった。

 捜査本部は8月27日、無届けで移植したとして再生医療安全性確保法違反の疑いで、「表参道首藤クリニック」(東京都渋谷区)院長の医師首藤紳介容疑者(40)や篠崎容疑者ら計6人を逮捕した。