日馬富士3勝目、阿武咲は初黒星 豪栄ら4人が1敗、秋場所6日目

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
千代大龍(手前)を土俵際に追い込む日馬富士=両国国技館

富士 大相撲秋場所6日目(15日・両国国技館)一人横綱の日馬富士は平幕千代大龍を寄り切って連続金星配給を3日で止め、3勝3敗とした。

 かど番の大関豪栄道は、ただ一人全勝だった平幕阿武咲を押し出し、ともに5勝1敗となった。かど番の大関照ノ富士は休場し、関脇への転落が決定的になった。

 関脇御嶽海は琴奨菊をすくい投げで下して3勝目、関脇嘉風は小結栃煌山を寄り切って2勝目。

 勝ちっ放しが消え、1敗で豪栄道、阿武咲、大栄翔、大翔丸の4人がトップに並んだ。