北都銀・川上、世界3位を撃破 バド・ジャパンOP

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
女子シングルス1回戦で勝利した川上紗恵奈=東京体育館

 バドミントンのジャパン・オープン第2日は20日、東京体育館で各種目の1回戦を行い、女子シングルスで世界ランキング20位の川上紗恵奈(北都銀行)が世界3位の成池鉉(韓国)を逆転で下す番狂わせを演じた。

 川上は第1ゲームを19―21で落としたが、フットワークの良さを生かしたレシーブ、スマッシュで優位に立ち、第2ゲームを21―14、第3ゲームを21―18で奪取した。

 北都銀行勢は女子ダブルスの米元小春、田中志穂組が快勝、永原和可那、松本麻佑組はストレート負けを喫した。混合ダブルスの金子祐樹(日本ユニシス)、米元組は圧勝、権藤公平(トナミ運輸)、永原組は0―2で敗れた。

(全文 441 文字 / 残り 156 文字)