開幕ダッシュだハピネッツ! 前哨戦好調、B1復帰へ勢い

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
東北アーリー・カップで優勝し、笑顔を見せる秋田NHの選手。シーズンで開幕ダッシュを決められるか=今月10日、山形市総合スポーツセンター

 開幕ダッシュでB1昇格へ―。プロバスケットボールBリーグ2部(B2)の秋田ノーザンハピネッツ(秋田NH)は、30日に今季開幕戦を迎える。5月14日の降格決定から4カ月余り。新指揮官を迎えた「新生NH」は、プレシーズンゲームを3戦全勝し、勢いに乗って1部(B1)復帰を狙う。

 今シーズンのスローガンは「RISE AS 1(ワン) はいあがろう。」に決まった。レギュラーシーズンではB2優勝と、降格から1シーズンでの最短昇格を明確な目標に据えた。加えて、今年から始まったリーグ主催の公式トーナメント戦「東北アーリー・カップ」と、大会方式が大幅変更された天皇杯全日本選手権(旧全日本総合選手権)と合わせ「三つの頂点」に挑む。

 今月8~10日の東北アーリー・カップでは、同じB2東地区で戦う岩手、山形を一蹴。ハードワークを貫き、まず一つ目の優勝を果たした。昨季の悔しさを知る選手と、総入れ替えの外国人を含めた新加入選手がそれぞれ連動。岩手との準決勝はダブルスコアに近い差をつけ、山形との決勝では試合中一つのタイムアウトも取らずに完勝した。

(全文 1059 文字 / 残り 593 文字)