松浦元参院議員、政界復帰を検討 衆院選「決めていない」

お気に入りに登録

 元参院議員で民進党秋田県連代表を務めた松浦大悟氏(47)=秋田市=が政界復帰を検討していることが21日、分かった。秋田魁新報社の取材に対し「閉塞(へいそく)した政治状況をなんとかしたいという強い思いがある」と述べた。10月22日投開票が見込まれる衆院選への出馬については「何も決めていない」とした。

 松浦氏は民進党を離党している。現在の政治状況について「自民党も民進党もしがらみの中で政治を前に進められずにいる。ダイナミックに社会を動かす新しい政治の力が必要だ」と語った。

(全文 476 文字 / 残り 239 文字)