バレー江畑「何年後の五輪狙うか意識して」 小学生に助言

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
小学生にサイン入りボールをプレゼントする江畑=秋田市のCNAアリーナ

 バレーボール女子の元日本代表で、2012年ロンドン五輪銅メダルのウイングスパイカー江畑幸子=PFUブルーキャッツ、聖霊高出=が23日、秋田市で開幕した東北小学生バレーボール交流大会のイベントにゲスト参加した。江畑は「今から何年後の五輪に出場する可能性があるのかを意識して」と小学生にアドバイスした。

 CNAアリーナでの開会式終了後、トークショーで子どもたちの質問に答え、サイン入りボールをプレゼントしたり、写真撮影に応じたりした。江畑は上達への近道として「自分より上手な人がどんな練習をしているのか観察してまねることが大切」と助言。

(全文 420 文字 / 残り 153 文字)