能代松陽が優勝、由利工に東北切符 秋季高校野球県大会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【能代松陽―角館】5回表1死二塁、能代松陽の高橋が左前適時打を放つ=グリーンスタジアムよこて

 第69回秋季東北高校野球秋田県大会最終日は24日、横手市のグリーンスタジアムよこてで決勝を行い、小刻みに得点した能代松陽が6―2で角館を下し、能代商時代を含めて6年ぶり4度目の栄冠をつかんだ。能代松陽としては初優勝。

 また、東北大会(10月13~18日・福島県営あづま球場ほか)の出場権をかけた第3代表決定戦では、由利工が4―1で能代に逆転勝ちした。能代松陽は2年ぶり、角館は2年連続、由利工は初の東北大会出場権を手にした。

 ▽決勝
能代松陽 6―2 角館

 ▽第3代表決定戦
由利工 4―1 能代

(全文 587 文字 / 残り 340 文字)