男鹿フェスの思い出を作文に 最優秀賞は生涯、入場無料

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
大勢の若者が集まった今年の「男鹿ナマハゲロックフェスティバル」=7月29日

 あなたの男鹿フェスの思い出、教えて―。夏の音楽イベント「男鹿ナマハゲロックフェスティバル」の実行委員会は「秋の男鹿フェス作文コンクール」を初めて企画、作品を募集している。文字数の制限はなく、内容も自由。最優秀賞にはフェスが生涯、入場無料となる「ゴールデンチケット」を贈る。菅原圭位(よしみ)実行委員長は「10周年の節目に作文という形で、ファンの思いをまとめたいと思った。たくさんの作品を寄せてほしい」と話している。

 男鹿フェスは音楽で秋田県男鹿市を盛り上げようと、地元の経営者らでつくる実行委が2007年に始めた。初回は男鹿市民文化会館で開催。来場者は約350人だったが、10年に野外開催としてからは年々規模が拡大。

(全文 671 文字 / 残り 362 文字)