【衆院選】何だろうこの選挙[首相の解散権]「専権事項」一人歩き

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
講義で「憲法を巡る問題について考えてほしい」と話す棟久さん

 5日午前10時半、秋田大学教育文化学部の大教室。「日本国憲法」の講義が始まった。

 「社会で生じている憲法を巡る問題について、自分で考えることができるようになってほしい」。後期から始まった全15こまの講義初日。1年生50人に、棟久敬(むねひさ・たかし)講師(35)=憲法学=が狙いを説明した。

 学生に来年2月までの予定表を配り「本来は10回目に予定していた『国民主権と参政権』の講義を来週行います」と付け加えた。次回講義は12日。衆院選公示の2日後だ。

(全文 1148 文字 / 残り 922 文字)

この連載企画の記事一覧