全国のネギ産地、能代に集結 7日から「サミット」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
収穫した白神ねぎの出荷準備をする農家。品質が向上し市場評価は高まっている=能代市河戸川

 国内ネギ産地のPRイベント「全国ねぎサミット2017inのしろ」が7、8の両日、秋田県能代市上町の市役所駐車場を主会場に開かれる。14府県の22産地が参加し、産地間連携でネギの消費拡大を図っていくことを確認するほか、各産地がブースを設けてネギ料理を売り込む。

 7日は午前11時15分から同市の旧料亭・金勇で、産地間連携会議を開催。17産地の代表者が安心安全な国産ネギをPRするというサミットの趣旨を確認する。8日は午後1時半から、参加者が同市轟地区の「園芸メガ団地」を視察する。

(全文 764 文字 / 残り 524 文字)