秀吉の自筆文書、熊本で発見 部下に「給料与えよ」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
発見された豊臣秀吉の自筆文書を説明する、兵庫県立歴史博物館の前田徹学芸員=兵庫県姫路市

 豊臣秀吉が家臣の小出秀政に対して「部下に俸禄を与えよ」と命じた自筆文書が熊本県で見つかり、兵庫県姫路市の県立歴史博物館が6日、発表した。

 文書は縦23センチ、横30センチ。「ありけんハ」という名前の下級武士に、5人を1年間養えるほどの俸禄で、当時としては少額の「五人扶持」を与えよと命じた内容で、秀吉の花押があった。天正10(1582)年3月10日の日付もあり、秀吉が備中高松城(岡山市)などを攻める直前で、姫路城主だった時期に当たる。

 同館の前田徹学芸員は「わずかな給料をわざわざ自筆で書いた点に、細やかさと家臣との近い関係がうかがえる」と話している。