歌う警察官、情熱的に交通安全呼び掛け 横手署・高橋巡査長

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
交通安全を呼び掛けるオリジナルソングを歌う高橋さん

 秋田県警横手署大森駐在所の巡査長・高橋優仁(まさひと)さん(25)が、交通安全を呼び掛けるオリジナルソング「まもりたい 小さな手~いつも心に歩行者ファースト~」を制作した。ドライバーが横断歩道で歩行者優先のルールを守るよう訴えている。

 曲作りのきっかけは、署の朝礼でギターの弾き語りを披露したこと。同署では日替わりで1人ずつ朝礼のスピーチをすることになっており、高橋さんはスピーチ代わりに交通安全の歌を歌った。「ぜひ啓発に活用すべきだ」という署員の後押しもあり、歌詞にアレンジを加えて完成させた。

(全文 691 文字 / 残り 442 文字)

同じキーワードのイベント情報