地方点描:歴史旅[鹿角支局]

お気に入りに登録

 「蝦夷(えみし)は美しい」。鹿角市内の書店で買い求めた歴史小説「水壁」に、著者・高橋克彦さん(70)=盛岡市=が自筆でこんなメッセージを記していた。

 「水壁」は、元慶2(878)年に秋田で勃発した「元慶の乱」をモチーフにしている。上津野(かづの)=鹿角=など12村の蝦夷が地方政府の苛政に反発し、秋田城に攻め込んだ史実を、蝦夷側の視点に立って描いた。

(全文 634 文字 / 残り 458 文字)