秋田商、新屋など8強 高校サッカー、明桜はシード校撃破

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【新屋―大館鳳鳴】後半37分、新屋のFW塩寺(中央)がこぼれ球を押し込んで6―0とする=県立中央公園球技場

 第96回全国高校サッカー選手権秋田県大会(県サッカー協会、県高体連、ABS秋田放送主催)第3日は7日、秋田市雄和の県立中央公園の球技場と広場で3回戦8試合を行った。シード8校が登場し、3連覇を目指す秋田商、3年ぶりの優勝を狙う新屋など7校が勝ち上がったほか、明桜がシードの秋田西を破った。

(全文 412 文字 / 残り 267 文字)