本県選手団が健闘誓う、全国障害者スポーツえひめ大会結団式

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
誓いの言葉を述べるバスケットボール女子の今野

 第17回全国障害者スポーツ大会「愛顔(えがお)つなぐえひめ大会」に出場する秋田県選手団(佐々木光雄団長)の結団式が12日、県正庁で開かれた。選手、役員、保護者ら約120人が出席。28日から3日間、愛媛県で行われる大会に向け、健闘を誓った。

 佐々木団長は「国体の本県選手団は天皇杯、皇后杯とも20位と躍進し、県民に大きな感動を与えた。選手の皆さんは鍛えた力と技を十分に発揮して悔いのないプレーを展開するとともに、全国の仲間と交流を深め、友情の輪を広げてほしい」とあいさつした。

(全文 577 文字 / 残り 339 文字)