県内の地ビールやドイツビール飲み比べ、なかいち「フェスト」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
県内の地ビールやドイツビールを楽しむ来場者

 県内の地ビールとドイツビールが楽しめる「秋田オクトーバーフェスト2017」が12日、秋田市中通のエリアなかいちにぎわい広場で始まった。計25銘柄が提供され、仕事帰りの会社員らが飲み比べを楽しんだ。県内の地ビール醸造所や飲食店経営者らでつくる実行委員会の主催。15日まで。

 県内から秋田あくらビール(秋田市)、田沢湖ビール(仙北市)、湖畔の杜(もり)ビール(同)など17銘柄、ドイツから8銘柄を提供している。1杯500円からで、4種類の飲み比べセットも千円で用意した。県産ソーセージなどのつまみも販売している。

(全文 646 文字 / 残り 391 文字)