県警対応どう判断 弁護士刺殺の国賠訴訟、16日に判決

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田市の弁護士津谷裕貴さん=当時(55)=が自宅で刺殺された事件を巡り、妻良子(りょうこ)さん(60)ら遺族が県などに国家賠償と損害賠償計約2億2300万円を求めた訴訟は16日、秋田地裁で判決を迎える。

 訴訟に先行して開かれてきた刑事裁判では、津谷さんが刺された時の詳しい状況は解明されず、今回の判決でどこまで踏み込んだ判断が示されるのか注目される。訴訟では、県警の対応に不手際があったかどうかが争点となっている。

(全文 676 文字 / 残り 468 文字)