【衆院選】候補者インタビュー[2区・金田勝年候補]経済好転、地方へ波及

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
金田勝年候補

[2区]金田勝年候補(自民・前、68歳)

 ―最も訴えたいことは。

 「今この国はたくさんの課題を抱えている。内政面では少子高齢化時代の社会保障、農業、地方創生、インフラ整備など。経済が好転していることは事実で、数字が物語っているが、私たちの地元により多くの果実がもたらされなければならない。外交面では北朝鮮のミサイル、核開発の問題があり、英国や米国でテロが続発している。こういうものから国と国民を守ることが政治の重要な課題。これらにしっかりと対応していくための信任をいただきたいというのが、今回の解散の趣旨ではないか」

(全文 887 文字 / 残り 629 文字)

この連載企画の記事一覧