清水良太郎容疑者の逮捕 母の手術日と重なる… 父・アキラ、無念の思い明かす

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
三男・良太郎の逮捕を受け会見を行った清水アキラ (C)ORICON NewS inc.

 ものまねタレント・清水アキラ(63)が12日、三男でタレントの清水良太郎容疑者(29)が覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで警視庁に逮捕されたことを受け、都内の所属事務所兼自宅前で会見。騒動と重なる形で妻が腰の手術を受けたと明かし、涙ながらに親としての無念を口にした。

【ノーカット映像】清水アキラ、三男逮捕に涙浮かべ悔しさ滲ませる「バカヤロー」

 良太郎容疑者は今年2月に週刊誌で違法賭博店に出入りしていたと報じられ、芸能活動を一時謹慎。7月に活動を再開したばかりだ。騒動以降はもちろんのこと、それ以前から「俺たちの仕事はいつも崖っぷちだから、何があるか分からないから、気をつけて行動しないといけないよ」と、言い聞かせていたという。

 その思いも届かず、アキラは涙を流した。「私の育て方がダメだった」と悔やむと「もう、ばかやろうとしか言いようがないですね。もう本当にばかやろうで、あいつのことを信じることもできないです」と声を振り絞るように話す。

 自宅前での会見だったが、出先からそのまま駆けつける形で現場に訪れた。良太郎容疑者の逮捕を受け、家族の反応に話題が及ぶと「きょう、妻の腰の手術だったので」とポツリと切り出し「テレビを見せないように早く家を出たんです。そうしたら心配した友達が『大丈夫?』と電話を掛けてくださって、それで知りました」と明かした。

 妻の手術は無事に成功したが「手術室から出てきて、麻酔がとけてそれでパッと目を開けたときに我に返ったんでしょうか、ポロポロ、ポロポロって涙が出ていた」という。周囲の動揺も大きいといい「本当に良太郎(容疑者)はえらいことしたと思いました」と唇をかんだ。

 アキラは、良太郎容疑者が所属する自身の事務所を解雇する方針を明かした。「面会したいとは思わない。予定は無い」と強い口調で語る一方で、「正直に生きてほしいですね。もう崖っぷちから崖に落ちたんだから、もう登るのは自分じゃないと登れないです」と願うように話すなど、複雑な親心が垣間みえた会見だった。

オリコンニュース