『あしたのジョー』連載開始50周年、新作TVアニメ『メガロボクス』来春放送

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
2018年に誕生から50周年を迎える『あしたのジョー』を原案としたオリジナルアニメーション『メガロボクス』テレビ放送決定(C)高森朝雄・ちばてつや/講談社/メガロボクスプロジェクト

 世界中を熱狂させたボクシング漫画の名作『あしたのジョー』。誕生から来年で50周年を迎える。連載開始50周年プロジェクトとして、『あしたのジョー』を原案としたオリジナルアニメーション『メガロボクス』の制作が決定。来春テレビにて放送開始となる。

【写真】ちばてつや氏がその場で描いた矢吹丈

 故・高森朝雄(梶原一騎)さんの原作、ちばてつや氏の作画による『あしたのジョー』は、講談社の『週刊少年マガジン』1968年1月1日号より連載開始。アニメーションや実写映画化もされ、さまざまな社会現象を巻き起こした。

 身寄りのない風来坊だった矢吹丈がボクシングと出会い、やがて運命のライバル・力石徹とともに、プロボクシングで己の生命を燃焼させていく物語は、当時の日本人に大きな共感を巻き起こし、寺山修司、三島由紀夫、横尾忠則ら時代を牽引した知識人たちをも熱狂させたと言われる。

 『あしたのジョー』連載開始50周年企画として制作される『メガロボクス』は、八百長試合に身を沈めるボクサーが、運命に抗うために、自分の全てを駆けてリングで闘う姿を描く熱いオリジナルストーリー。監督・コンセプトデザインは、アニメ『進撃の巨人』のビジュアルコンセプトを手掛けた森山洋氏。シリーズ構成・脚本は、映画『ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判』や『続・深夜食堂』の真辺克彦氏と小嶋健作氏を起用。音楽は、国内外で活躍するアーティスト・mabanuaが担当する。そして、アニメ『あしたのジョー2』で原作の世界観を魅力的に描いたトムス・エンタテインメントがアニメーション制作を手掛ける。

■原作の高森朝雄さんの長男・高森城氏のコメント

 ちば先生と父・梶原一騎が、文字通り手を握ったことで生まれた矢吹丈が、ドヤ街に現れ、丹下段平と出会ってから50年という時間が経過しました。これほど長くこの作品を愛してくださった皆さまに心からの感謝を申し上げます。半世紀という時はドヤ街をなくし、根性という言葉すら死語とさせましたが、ジョーたちの思いや生き方は、時代を感じさせることはないでしょう。『メガロボクス』では二人が作り上げた精神の部分を、どんな形で再現するのか、あるいはどのようにアレンジするのか、楽しみにしております。

■ちばてつや氏のコメント

 『あしたのジョー』が来年連載開始から50年を迎えることになりました。まだ若くて元気だった梶原さんとボクは、ジョーや力石たち、登場人物に負けないくらい毎回真剣勝負で、夢中になって作品に向き合ってきました。あとに真っ白な灰しか残らないくらい、一途に何かを追い求める。どれだけ時代を経ても色あせない人間ドラマがあるとすれば、そんな姿勢にこそ共感が宿るんじゃないかな、と思います。連載開始50周年というこの機会に、さまざまな企画が準備されていると聞いています。あらためて長い間愛される作品に関われたことを誇りに思うと同時に、何よりもまずジョーを愛し続けてくださった、ファンの皆さんに感謝の気持ちで一杯です。

 新作アニメ『メガロボクス』は、そんな『あしたのジョー』を愛してくださっているスタッフの皆さんが魂をこめて制作してくださっています。今の時代にふさわしい、全く新しい切り口の、でもどこかに普遍の核がある、骨の太い作品になるんじゃないかな、と、今から楽しみにしているんです。

■森山洋監督のコメント

 好きな物語の主人公はいつも憧れでできていました。決して交わることのない、自分とは別の世界に生きる彼らの考えや行動を理解したくてたまらなくなる。共感よりももっと強烈に心揺さぶられるものが憧れなんだと思います。矢吹丈もそんな主人公の一人でした。『メガロボクス』の主人公にもその思いを込めました。自分勝手な人間たちが必死に抗い、闘い、ともに生きる。そんな人間たちの物語を最高のチームで作りました。“自分は今、何をしているか”。そう考えたことのある人にはきっと届く作品になると思います。

■あしたのジョー50周年公式サイト
http://joe-50th.com
■『メガロボクス』公式サイト
http://megalobox.com

オリコンニュース