今年のきのこ、食感と味最高 大館の旬の味、家族連れ楽しむ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
きのこ鍋を味わう来場者

 秋田県大館市の旬の味を集めたイベント「たしろきのこ祭(まつり)」が14日、同市岩瀬のたしろ温泉ユップラ駐車場などで始まった。18企業・団体が屋台を出店し地場産のキノコや野菜などを販売したほか、大鍋で調理した「田代の超豪華きのこ鍋」が提供され、会場は多くの家族連れらでにぎわった。15日まで。

 きのこ鍋は、鶏がらでだしを取ったしょうゆベースのスープに、ハタケシメジ、アミタケなど4種類のキノコがふんだんに入り1杯500円。午前11時の販売開始直後に200人もの行列ができた。鍋を味わった佐々木邦子さん(80)=同市山瀬=は「キノコは食感も味も最高。だしが出ていてとてもおいしい」と喜んでいた。

(全文 452 文字 / 残り 156 文字)