秋季東北高校野球、能代松陽が準決勝へ 由利工は敗退

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【能代松陽―黒沢尻工】一回表2死一塁、能代松陽は深堀の中前打が敵失を誘い、一走の佐藤龍が長駆生還=県営あづま球場

 第70回秋季東北高校野球大会第3日は15日、福島市の福島県営あづま球場と、同県郡山市のヨーク開成山スタジアムで準々決勝4試合を行った。県勢は第1代表の能代松陽が黒沢尻工(岩手第2)を7―0の八回コールドで下し、4強入りした。第3代表の由利工は花巻東(岩手第1)に2―4で逆転負けを喫した。

 16日は健康管理日で試合がなく、能代松陽は17日にあづま球場で行われる準決勝で、聖光学院(福島第1)と対戦する。

 ▽準々決勝
能代松陽 7―0 黒沢尻工
 (八回コールドゲーム)
花巻東  4―2 由利工

(全文 624 文字 / 残り 379 文字)