ハピネッツ取締役、酒気帯び運転容疑 取締役辞任、減給

お気に入りに登録

 バスケットボール男子Bリーグ2部の秋田ノーザンハピネッツを運営する秋田ノーザンハピネッツ社(水野勇気社長)は16日、取締役を兼ねる40代男性社員が今月6日、酒気帯び運転の疑いで秋田中央署に摘発されたと発表した。

 同社によると、男性は同日未明、秋田市大町の駐車場に止めていた乗用車を数メートル運転し、待機していた代行業者に運転を頼もうと降車したところ、巡回中の警察官に呼び止められた。呼気から基準を上回るアルコールが検出された。5日午後9時ごろから近くの飲食店で飲酒していた。

(全文 321 文字 / 残り 83 文字)