彫刻で「アンドロイド」 美大の皆川准教授ら、銀座で展覧会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
アンドロイドをテーマにした作品と皆川さん

 秋田公立美術大准教授の皆川嘉博さん(49)ら彫刻家7人のグループ展「彫体刻感2017」が17日、東京・銀座の藤屋画廊で始まった。銅や木、大理石などを素材にした個性的な作品26点が並び、訪れた人を楽しませている。22日まで。

 皆川さんは縄文土器や土偶のデザインを取り入れた作品制作を手掛けるほか、近年はアンドロイド(人造人間)をテーマに未来的なデザインにも取り組んでいる。

(全文 414 文字 / 残り 228 文字)