台風21号、23~24日に本県最接近 農作物への影響注意

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 超大型で強い台風21号は20日、フィリピンの東の海上を北上した。21、22日は沖縄・奄美と九州、22~24日は太平洋側を中心に西日本から北日本の広い範囲で大荒れの天気となる見通し。

 秋田県は20日、23日から24日にかけて台風21号が本県に最接近し、強風や大雨による農作物への被害が懸念されるとして警戒を呼び掛けた。

(全文 398 文字 / 残り 239 文字)