ハピネッツ、敵地で青森戦 連勝伸ばせるか、谷口復調に期待

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
黙々とシュート練習に打ち込む谷口=秋田市のゼロックススポーツスクエア

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の秋田ノーザンハピネッツ(秋田NH)は、21日午後6時からと22日午後2時から、青森県三沢市国際交流スポーツセンターで、東地区最下位の青森と戦う。開幕から6連勝と東地区首位を走る秋田にとって、今季初の同じ地区のチームとの対決となる。

 青森は就任3季目の佐藤信長ヘッドコーチ(HC)=能代工高出、同校バスケ部元監督=が率いる。今季は1部(B1)とB2を通じて唯一開幕から6連敗と調子が上がっていない。

 ただ、昨季B1優勝の栃木から22歳のガード・フォワード門馬圭二郞を獲得しているほか、ガード下山大地主将、フォワードのバンヤードら決定力のある選手がいる。20日には、青森で昨季のB2得点ランキング5位となり、いったん契約解除となったフォワード・センターのバローンの復帰が発表された。

(全文 681 文字 / 残り 320 文字)