湯沢高稲川分校、22日に最後の学校祭 最高の思い出に

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
朗読劇の練習をする湯沢高稲川分校の生徒

 来年3月で閉校する湯沢高校稲川分校があす22日、最後の学校祭「地域感謝祭」を開く。全校生徒の3年生6人は、本番に向けステージ発表の練習やイベント準備に汗を流す。19日には大曲農業高校太田分校から「同じ分校として感謝祭に彩りを添えたい」と、学校で育てた花のプランターが届けられた。

 稲川分校生徒会長の菊地大さんは「当日はこれまで支えてくれた皆さんに、ありがとうを伝えられるようにしたい」と決意を語った。感謝祭は午前10時~午後2時。午前10時からは閉校記念碑除幕式を行う。

(全文 599 文字 / 残り 363 文字)