ニュースの「つぼ」:農産物の品目別イベント

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 能代市で今月7、8日に「全国ねぎサミット2017」が開かれた。生産者が交流しながら消費拡大を目指すイベントで、14府県の22産地が自慢のネギを売り込んだ。一つの農産物で各地の生産者がつながり合うこうした取り組みは、他の品目でも行われている。高齢化や担い手不足など国内農業がさまざまな課題に直面する中、生産者は結び付きを強めることで活路を見いだそうとしている。

 ねぎサミットは2010年、生産量日本一とされる「深谷ねぎ」で有名な埼玉県深谷市で始まった。市が産業祭の一環で企画し、県内外の産地の関係者を集め、生ネギやネギを使った料理を提供。12年からは各産地の持ち回りで自治体やJAなどが主催している。

(全文 1099 文字 / 残り 799 文字)

この特集の記事一覧

同じキーワードのイベント情報