本県の期日前投票率25%、全国最高 選管発表、衆院選

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田市役所に設けられた期日前投票所で1票を投じる有権者

 秋田県選挙管理委員会は21日、衆院選公示の翌11日から20日までの10日間の期日前投票の状況を発表した。投票者は22万2189人で、2014年の前回選挙の同時期より4万7821人多かった。投票率は25・08%。前回比5・62ポイント増え、全国で最も高かった。

 衆院選の期日前投票率は、14年の24・59%が最高だった。今回はこれを既に0・49ポイント上回っており、過去最高を更新する。20日までの期日前投票率が2割を超えたのは秋田、大分、沖縄の3県のみだった。

 県内投票率は、25市町村のうち5市町村で3割、羽後町を除く19市町村でも2割を上回った。最も高かったのは八郎潟町の36・8%。次いで男鹿市34・74%、にかほ市34・01%だった。

(全文 532 文字 / 残り 210 文字)