投開票日、台風で大荒れ 22日深夜にも本州上陸

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
台風21号の予想進路(22日0時現在)

 超大型で非常に強い台風21号は21日、沖縄の南の海上を北東に進んだ。衆院選投開票日の22日から23日にかけ、全国的に大荒れの天気になる可能性が高い。早ければ22日深夜にも本州に上陸する見通しで、土砂崩れや河川の氾濫に厳重な警戒が必要だ。気象庁は「投票に行く際は、最新の台風情報を確認してほしい」と呼び掛けている。

 気象庁によると、台風は影響範囲が広く、22日には沖縄・奄美に接近。日本の南岸にある前線が台風からの湿った空気で活発化しながら北上し、22日は東北から九州の広い範囲で大雨が降ると予想される。災害の危険性が高まり、特別警報が発表される可能性もある。