角館でクラフト市、手作りの品ずらり 22日まで

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
手作りの作品がずらりと並んだ秋彩こみちの会場

 秋田県内外の工芸作家の作品が並ぶクラフト市「秋彩(あきいろ)こみちinかくのだて」が21日、仙北市角館町の落合運動公園周辺で始まった。ガラスや革、布物など手作り品の店が軒を連ね、夫婦や家族連れなどが買い物を楽しんだ。22日まで。

 角館町観光協会の会員らでつくる実行委員会が、ものづくりが根付いている角館地域を工芸作品で盛り上げようと昨年から開いている。今年は86店が出店した。

(全文 434 文字 / 残り 245 文字)