ソフトバンクが日本シリーズ進出 CS、セは連日の雨天中止

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
2年ぶりの日本シリーズ進出を決め、胴上げされるソフトバンクの工藤監督=22日、福岡市のヤフオクドーム

 プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージは22日、パ・リーグの第5戦がヤフオクドームで行われ、2年ぶりにリーグを制したソフトバンクが3位から勝ち上がった楽天を7―0で下して2連敗から3連勝を飾り、リーグ優勝によるアドバンテージの1勝を加えて2年ぶり17度目(南海、ダイエー時代を含む)の日本シリーズ進出を決めた。

 ソフトバンクは一回、内川の犠飛と松田の2点二塁打で3点を先制。四回には3点を加えた。内川が2年ぶり3度目の最優秀選手(MVP)に選ばれた。

 セ・リーグは広島とDeNAによる第4戦が21日に引き続き雨天中止となった。