衆院選「野党側に敗因」 希望、民進関係者が謝罪や反省

お気に入りに登録

 先の衆院選で当選した秋田県の希望の党国会議員や民進党県連関係者が26日、秋田市で開かれた連合秋田の定期大会であいさつし、希望が不振に終わった選挙結果について謝罪や反省の言葉を述べた。

 希望の比例東北単独1位に名簿登載され、当選した寺田学氏は、民進の希望への合流を契機に野党が分裂したことを挙げ「敗因は野党側にあった。野党に属する私としても心からおわびしたい」と陳謝。「自民党と対峙(たいじ)し、安倍1強を打ち倒すという方向性を間違えることなく歩みを進めたい」と述べた。

(全文 604 文字 / 残り 369 文字)