幅15M! 夏の高校野球全結果を模造紙に 明桜で最後の一筆

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
トーナメント表に「明桜」の校名を書き込む早川前主将(手前)。隣が久保市さん

 全国高校野球選手権大会の全都道府県における地方大会と本大会(甲子園大会)の試合結果全てを、趣味でトーナメント表にまとめている秋田県能代市の久保市誠さん(68)が、今年も「大作」を完成させた。5日に秋田市の明桜高校を訪れ、今夏甲子園に出場した選手から校名を記してもらい仕上げた。

 表作成には縦75センチ、幅15メートルの特大模造紙を使用。約1カ月半かけて全3839チームの試合結果を書き上げ、秋田大会優勝チームの校名だけ空白にしていた。

(全文 465 文字 / 残り 247 文字)