県内強風、交通機関に乱れ 秋田市の90代女性骨折

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
列車の運休が相次ぎ、足止めされる乗客=11日午前9時ごろ、JR秋田駅中央改札口前

 秋田県内は11日、発達した低気圧の影響で沿岸部を中心に強風に見舞われた。にかほ市では最大瞬間風速28・0メートル(最大風速18・6メートル)を観測。秋田市では90代女性が風にあおられて転倒し、脚の骨を折った。屋根のトタンが剥がれるなどの被害も相次ぎ、交通機関は大きく乱れた。

 秋田地方気象台によると、午後4時までの最大瞬間風速は、秋田市27・9メートル(最大風速16・9メートル)、由利本荘市27・2メートル(同15・8メートル)など。にかほ市など県内4地点では、11月の観測史上最大を記録した。

(全文 626 文字 / 残り 377 文字)