秋田市、コンビニで住民票交付へ マイナンバーカードで

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田市役所に設置されている自動交付機。コンビニ交付開始後約2年間は利用できるが、その後廃止される予定

 秋田市は来年秋から、マイナンバーカードの所有者を対象に、コンビニエンスストアで住民票など各種証明書を交付するサービスを始める。市役所や各市民サービスセンターなど7施設に設置している自動交付機は、コンビニ交付開始後約2年間は利用できるが、その後は廃止する予定。窓口での交付は従来通り行う。

 コンビニで交付するのは▽住民票の写し▽印鑑登録証明書▽戸籍証明書▽住民票記載事項証明書▽所得・課税証明書―の5種類。店舗にあるマルチコピー機にカードの暗証番号を入力すると、その場で発行できる。

(全文 646 文字 / 残り 405 文字)