JA営農相談ブースに行列、男鹿 12日までフェア

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
JA職員が農家一人一人と面談した営農相談コーナー

 JA秋田みなみ(本店秋田県男鹿市)の「営農ふれあいフェア」が10日、男鹿市民文化会館で始まった。営農相談や農産物販売など多彩なイベントが行われ、多くの市民でにぎわった。12日まで。

 農家の営農計画支援などを目的に、旧琴浜農協時代の1982年から毎年開いている。メインの営農相談コーナーでは、地区ごとに設けられたブースに朝から列ができた。JA職員が農家一人一人と話し合いながら、来年の作付け計画や栽培技術などをアドバイスした。

(全文 302 文字 / 残り 89 文字)