横山にかほ市長、職員に見送られ退任 「より良い市政を」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
花束を手に市役所を後にする横山市長(中央)

 12日で任期満了を迎える秋田県にかほ市の横山忠長市長(70)の退任式が10日、市役所象潟庁舎で行われた。横山市長は出席した職員約100人に、「より良いにかほ市を創造するため、新市長を支えながら一層活躍してほしい」とエールを送った。

 退庁時には、正面玄関に大勢の職員や市民が集まった。横山市長は女性職員から花束を受け取り、拍手を送られながら庁舎を後にした。

(全文 335 文字 / 残り 157 文字)