たざわ湖周辺、スノーリゾート推進 外国人誘客へ協議会設立

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
規約と本年度事業を決めた設立総会

 秋田県仙北市のたざわ湖スキー場周辺をスノーリゾート地としてPRし外国人の誘客に結び付けようと、県や仙北市、同スキー場を管理運営する県の第三セクター・田沢湖高原リフトなどの関係者が協議会を立ち上げた。

 同市の県立田沢湖スポーツセンターで10日、設立総会が開かれ、ゲレンデ以外の圧雪されていない雪山「バックカントリー」を活用することなどを盛り込んだ協議会規約を採択したほか、本年度事業計画を決めた。

(全文 623 文字 / 残り 425 文字)