地魚料理に舌鼓 秋田駅周辺、12日までフェス

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
サケを使った鍋などが振る舞われた地魚フェスティバル

 秋田県沖で取れる魚を味わう地魚(じざかな)フェスティバルが11日、秋田市のJR秋田駅ぽぽろーど大屋根下周辺で始まった。大勢の家族連れらがサケを使った振る舞い鍋や地魚料理に舌鼓を打った。12日まで。県や県漁業協同組合などでつくる「秋田の地魚消費拡大協議会」の主催。

 午前10時~午後5時。12日はイワナのホイル焼きやタイの一夜干しなどを味わえるバーベキューコーナーが開設される。

(全文 510 文字 / 残り 321 文字)