県花の祭典、ダリアなど色とりどり アルヴェで12日まで

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
約300点の作品が並んだ県花の祭典

 第38回秋田県花の祭典が11日、秋田市の秋田拠点センター・アルヴェで始まった。県内産の切り花や趣向を凝らしたフラワーアレンジメントなど約300点が並び、来場者を楽しませている。35点が入賞作に選ばれた。12日まで。

 友人と訪れた男鹿市の三浦千佳子さん(60)は「花を見ていると、心が和む。プロが育てた花は手入れが行き届いていて本当にきれいだ」と話した。

(全文 722 文字 / 残り 545 文字)